スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

黒川紀章さんの新着情報

未成年閲覧禁止

悪用禁止!どんなに美しい女性でも、

たった1つの質問で・・・「超洗脳プログラム」




黒川紀章さんの最期の言葉
黒川紀章さんの最期の言葉若尾文子さんがインタビューで答えていた「私はあまりいい奥さんじゃなかった・・」に答えて「そんなこと・・そんなこと・・本当に好きだったんだから・・」って、、いう最期の会話・・なんか、とてもいいですね。ちょっと泣けてきちゃいました。皆さん、どうでしたか?(続きを読む)


今回の政見放送の見どころを教えてください。
今回の政見放送の見どころを教えてください。参議院選の政見放送が始まりましたね。イマイチ、放送時間などがハッキリわからないのですが、今回のみどころ候補者を教えてください。(こちらは東京です。)(続きを読む)


黒川紀章は凄い?
黒川紀章は凄い?建築関係のお仕事をしている人からみたら黒川紀章さんは凄い人ですか?偉大ですか?(続きを読む)


黒川紀章さんが死去って速報が出たんですけど、何故ですか?
黒川紀章さんが死去って速報が出たんですけど、何故ですか?速報だったので、まだネットで探しても情報がなくって・・・この前まで、選挙に立候補して元気でしたよね??(続きを読む)


黒川紀章さんが亡くなったみたいですが、もう起床しないのでしょうか?
黒川紀章さんが亡くなったみたいですが、もう起床しないのでしょうか?(続きを読む)



黒川紀章さんが死去
スポーツニッポン
国際的に活躍した建築家で参院選などで落選した黒川紀章さんが12日、東京都内の病院で死去した。73歳。名古屋市出身。 再始動したsweetboxのジェイド・ヴァレリーがPLUG INに登場!! Sponichi Annex に掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。 ...(続きを読む)


建築家の黒川紀章さんが死去
日刊スポーツ
建築家の黒川紀章さんが12日午前、多臓器不全のため東京・女子医大病院で死去した。73歳。3日前に入院し、妻で女優の若尾文子がみとった。1934年(昭9)、愛知県生まれ。京大工学部卒、東大大学院博士課程修了。故丹下健三氏の研究室に学び、日本建築界の第一人 ...(続きを読む)


黒川紀章さん死去 長崎歴文博設計など手掛ける
長崎新聞
十二日死去した黒川紀章さんは、長崎歴史文化博物館(長崎市)の設計を手掛けるなど、本県とのゆかりも深い。 二〇〇九年秋に開館予定の壱岐市の県立埋蔵文化財センターと市立一支(いき)国博物館(仮称)の設計も担当。「壱岐しまづくりプロジェクト推進会議」の総合 ...(続きを読む)


黒川紀章さん急死…寿命縮めた2つの壮絶選挙戦
スポーツ報知
世界的建築家で、今年の東京都知事選と参院選に出馬した黒川紀章氏が12日午前8時42分、心不全のため東京都新宿区の東京女子医大病院で死去した。73歳だった。 黒川氏を知る関係者は「あの2つの選挙で寿命が短くなったのだと思う…」と語った。 ...(続きを読む)


黒川紀章さん死去、73歳。
熊本日日新聞 (会員登録)
国際的に活躍した建築家で参院選などで落選した黒川紀章さんが、都内の病院で死去した。73歳。 「くまにち.コム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。 著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。(続きを読む)



ご冥福をお祈りします ~黒川紀章さんへ~
先週突然、建築家の黒川紀章さんがお亡くなりになりました。 黒川さんに初めて会ったのは10年ほど前のことでしたが、その時は余りにも格が違い、話かけることすら出来ませんでした。 2度目にお会いしたのはあるホームパーティでしたが、ちょうど耐震 ...(続きを読む)


世界的建築家黒川紀章さん急死
今年4月の東京都知事選への出馬で話題となった、建築家の黒川紀章さんが12日午前8時42分、心不全のため東京女子医大病院で死去した。73歳。7月の参院選の活動中から体調を崩し、3日前から同病院に入院していた。妻で女優の若尾文子(73)ら親族がみとった ...(続きを読む)


黒川紀章さん
今日の黒川紀章さんの関連語: 建築家 73歳 亡くなった 死去 12日.(続きを読む)


黒川紀章、死去
建築家の黒川紀章さんが死去という記事より。 日本の代表的な建築家として国際的に活躍した黒川紀章(くろかわ・きしょう)さんが12日午前8時42分、心不全のため東京都新宿区の東京女子医大病院で死去した。(続きを読む)


黒川紀章さんと、中銀カプセルタワー
黒川紀章さんの一番若い頃の作品、銀座八丁目の中銀カプセルタワーに30年来、棲みたいとおもっていた。 最初にこの未来建築を視たのは、1971年か2年だかから竣工したばかりである。これを走行中の高速道路の上から見た。まさに未来建築だった。 ...(続きを読む)



スポンサーサイト

2007/10/15 17:17 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。